ヨガ、ランニング、トレッキングなど人気のスポーツアイテムをチェック!

2012年09月02日

冷房病 頭痛

冷房病の症状の一つに頭痛があります。

普段から偏頭痛などを抱える人にはわかりづらいかもしれませんが、

確実に冷房病であることがあります。


最近ではエコ、節電ということで、室内温度を28度に設定する

というのが通常となっていますが、なぜかいつのまにか23度に

設定されているということもあります。


朝来た人が、暑いので、最初だけしっかりと冷やそう、と思って

設定温度を下げ、そしてそのまま28度に戻すのを忘れていた、なんて

パターンが多いようです。


そして他の人も涼しい〜と思って何も考えない。というか考えられない

というのが正直なところでしょうか。あまりに外が暑いと思考が停止しますからね。。

しかし、電気というのは有限なものです。使いたいだけ使えばいいというものでも

ありませんし、何より有料です。ですので、環境への影響もそうですが、自分の

体への影響も考えて、冷房病にかかるレベルの温度設定は避けましょう。



ラベル:頭痛 節電 エコ
posted by 冷房病 at 12:06| Comment(0) | 冷房病 頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

冷房病 吐き気

冷房病で吐き気を覚える場合は他の病気との

併合も考えられるくらいに、かなり重症かもしれません。


冷房病はかなり体の奥まで浸透してきます。気付いた時には

体は自分が意識していたよりも弱った状態になっていることが

あります。


暑い・・・ということだけに気を奪われてしまい、ずっと

冷房に使っているということで、体の温度調節機能が失われ、

徐々に内臓系への影響が心配されます。。


あとは関節ですね。どうしても冷えてばかりいると、関節の

動きが悪くなってきます。そういったケースも心配されます。


そして吐き気。ここまで来ると、おそらく内臓、特に肝臓が

悪いというケースの可能性があります。そうなる前に、暑い時には

汗をかく、といった当たり前のことをできるようになりましょう。

posted by 冷房病 at 18:17| Comment(0) | 冷房病 吐き気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

冷房病 治療

冷房病の治療としては、よく言われているように

お風呂にしっかり入ることですね。

どうしても夏場はシャワーで済ませてしまいがちです。

ただ、冷房病って、体の体温調節機能が失われた状態なので、

それを取り戻してあげないといけません。そのために必要なのは、

汗をかくことです。


冷房につかりすぎてしまった結果、外に出た時に、きちんと体温調節機能

としての発汗作用ができなくなっているのが冷房病の状態ですから、

これを解消してあげるべく、きっちりと汗が出やすいようにしてあげるのです。


ただ、熱いお風呂に長時間入るのは厳しいので、ぬるいお湯につかってください。

それで、十分に汗を出すようにします。そうすると、自然と体温調節機能が

復活してくるようになりますよ。
posted by 冷房病 at 12:24| Comment(0) | 冷房病 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。